リハビリ専門学校で取得できる資格について

リハビリ専門学校   arrow   資格取得後の進路

資格取得後の進路

理学療法士や作業療法士の資格を取得した後の進路ですが、医療の色が濃い理学療法士の勤め先には、総合病院や一般病院、リハビリテーション病院、スポーツ関連施設などがあげられます。作業療法士の勤め先としては、老人保健施設や障害者福祉施設、児童養護施設などがあります。 しかし、理学療法士や作業療法士は職場が共通していることも多く、総合病院や一般病院では、理学療法士や作業療法士がそれぞれの役割を担当しつつ、関わりを持つ場合があります。一人の患者さんを受け入れた場合に、最初は理学療法士が運動機能の回復を行ってから、身体の回復を待って作業療法士が引き継ぐこともあるからです。特に高齢者の増えている日本では、心のケアと身体のケアを同時に行う必要があります。 理学療法士と作業療法士、両方の資格を取得する人も多く、どちらかの資格を持っている場合は、学校の単位が免除されます。片方の資格を利用して勉強することもできます。二つの資格を同時に取得することはできませんが、働きながら夜間のリハビリ専門学校などに通ってもう一方の資格を取得することが可能です。病院に勤めたときなども、両方の資格を持っていれば忙しくはなるかもしれませんけど、一人の患者さんをはじめから最後までお世話することができるでしょう。